両者にとってデメリットの多いニードル式

両者にとってデメリットの多いニードル式

両者にとってデメリットの多いニードル式

脱毛エステの中でもニードル式の脱毛方法はかなり前からあるものですが、今ではほとんどの脱毛エステでこのニードル式は利用されていません。
脱毛方法の中でもニードル式は永久的な脱毛が可能だといわれている方法ですが、施術を受ける側はもちろん脱毛エステ側にもデメリットとなる部分が多く、今ではごく一部のエステでしか行われていません。

 

 

色素関係なく永久的な脱毛が期待できるにも関わらず利用されなくなってきた主な要因として挙げられるのはなんといってもフラッシュ式やレーザー式の早さや価格、そして痛みがあまりないということが広く知られるようになったからでしょう。
そもそもニードル式というのはとても細い針のようなものを毛穴ひとつひとつに挿入して、とても微弱な電気で直接発毛部分に刺激を与えて生えてこないようにするという方法です。

 

 

これだけ聞いても正直痛そうだという印象を受ける方が多いのではないでしょうか。

恐らく、このニードル式はイメージしている痛みの何倍もの痛みを覚悟しておかないと二度とやりたくないと思ってしまうかもしれません。
さらにひとつひとつの毛穴に針を挿入していくということはとても時間がかかり熟練した技術も必要となってくることは言うまでもありません。

 

 

そのため、時間や技術者の人件費に比例して施術を受ける費用もフラッシュ式やレーザー式に比べるととても高いものとなってしまい、施術を受ける方への負担が非常に大きいものとなってしまうのです。
そういった要因が重なり、痛みに耐えられず途中で脱毛エステに通うのをやめてしまう方や費用で断念してしまう方が後を絶たず、ニードル式の脱毛エステはどんどん減少していったようです。

 

 

今ではほとんど無くなってしまったようですが、ニードル式の脱毛方法でも医療機関で施術を受けることができれば麻酔を希望して痛みをあまり感じずに脱毛することも可能だったようです。
しかし、もちろん麻酔の分だけ費用は高くなるうえ脱毛エステに比べても医療機関で行われるニードル式脱毛はもともと費用が高額に設定されていたようです。

 

 

医療機関でもニードル式の脱毛を行ううえで医療とは関係ない専門の技術者が必要となることから、人件費やニーズを考え不利益とならないようにニードル式の脱毛を行わないようになってきてしまったようです。

脱毛効果の永久性が期待できるニードル式ですが、痛みを感じず手頃な価格かつ短時間で施術を受けるというのは現状、かなり難しいようです。


ホーム RSS購読 サイトマップ